4217

四ツ谷用水 光と影 仙台・消えた遺産を追う

  • 大和田雅人
  • 伊達政宗の命で築かれた四ツ谷用水。およそ80年の歳月をかけ、城下町を縦横に織りなした44キロの水路は仙台の基盤を創り上げました。しかし、都市交通の発展や下水道の整備によって水路は明治期から昭和初期にかけて地下に埋められます。現在は工業用水として使われるのみとなりました。堀の隆盛と衰退、光と影を探ります。
  • 郷土の歴史(江戸時代以前)
  • A5 P184 17/02   978-4-87341-359-4
  •    
Amazon
Copyright c K.K.Kyodo News. All rights reserved

お問い合わせは全国新聞社出版協議会事務局まで
MAIL