4475

本能寺の変 神君(しんくん)伊賀越えの真相 -家康は大和を越えた

  • 上島秀友著
  • 「本能寺の変」という日本史上最大級の変事の直後、のちに江戸幕府を開き、天下泰平の世を築いた徳川家康は、いかにして明智光秀が管轄する畿内(堺)から、人生最大級の危機をしのいで、本国・三河へ舞い戻ったのか。その逃走経路をさまざまな古文書から読み解き、真の逃走ルートが封印された経緯を推理します。
  • 郷土の歴史(江戸時代以前)
  • B6判 200P 21/02   978-4-88856-165-5
  • 本体価格 1400円+税   送料 310円
Copyright c K.K.Kyodo News. All rights reserved

お問い合わせは全国新聞社出版協議会事務局まで
MAIL